So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

BBG48とフェミニズム [社会]

BBG48で活動してると、よく女性から「女性の気持ちよく分かっていますね」って言われる。


とんでもない。


俺ぐらい女性の心が分からない人間はめったにいない。「女性って全く理解不能で謎な生き物だなー」って感じながら生きているよ。はっきりいって苦手である、ほぼ全女性が。

そう思いながら生きてきたからこそ、ゴキブリコンビナートは完全な男目線の作品をやっている。女性がドン引きするようなどす黒い男の本音をむき出しにする作風を自負している!

で、BBG48の作品群はどうやって作られているかというと、
「女性には理解しようもない男の小汚くどす黒い本音の部分」
をそのまま一人称を女性に代入して書き換えて作っている。

それが「女性の気持ちをよくわかっている」などと解釈されるのだから、世の中不思議だねー。


「男女のメンタルは永遠に平行線。永遠に分かり合えることなどない」

と思っていたら、意外に本質は似たようなものだったってこと?


「男女の性格に本質的な差などない。基本的に同質である。男女の非対称性など幻想。」などと結論付けると

フェミニストが喜びそうだな。


だが、そんな結論に達する気はない。「意外なところに男女の共通部分がある。でも全く同じではない」ぐらいの理解でいいだろう。

「男女に性格、趣味、趣向の違いがあるとすれば、それは男社会の長年に渡る抑圧が原因で、より人権に配慮した社会に向かえばそんなものは消失するはず」

というフェミニズムの主張には同意しない。

性ホルモンの分泌が男女の性格に影響を及ぼしてるので、完全に男女が同じ性格になるなんてことはないと思っている。だが、それも生物学的に結論付けられたものでは決してないので、あくまで勘ね。勘。推定。もちろん性ホルモンが性格に及ぼす影響などなく、男女の性格差は社会的なものという結論も特に出てない。現時点では誰もが勘、印象で語るしかない。


フェミニズムは「男は男らしく」「女は女らしく」という価値観とか、「男はこれがかっこいい」「女はかくあるのが魅力的」みたいな属性差、属性ごとにちがう評価軸で優劣をつけられる社会を変えていこうとしている。その理想的な状況とは容姿、ファッション、価値観、性格、趣味、すべてにおいて男女の差が個人差に埋もれてしまう社会だろう。その理想社会ではもはや初対面の人間を男か女か判別することはもはや不可能である。

そんな社会が果たして可能なのか?俺は可能だと思う。医学的に処理できる、もしくは将来処理できるようになりうると考える。もし男女差がホルモンの分泌から帰来するものだるなら、ホルモンの調整を幼児期よりすればいい。医学が本気でやれば、そんな遠い将来じゃなくても出来るようになりそうだ。胸の大きさも、体格差も、顔つきも男女の区別がなくなる社会は可能だと思う。


もっとも、俺はそんな社会はまっぴらゴメンである。まあ、明日突然そんな社会が実現するわけはなく、多分俺が死んだあとになるだろう。その時代に生まれついた人々は、それを当たり前だと思って受け入れて生きていくだろう。だから問題はない。別に心配はしていない。俺が生きている間は「平等も大事だが、平等より大事なものも時にはある」ぐらいな緩い平等観で生きていられるはず。



犬死とは何か [社会]

終戦記念日頃にネットで盛り上がった議論なので、その時に書きたかったが仕事が一番きつい時期でまとめる心の余裕がなかったので今書く。

テーマは「『英霊に感謝すべき』って右の人たちは言うけど、本当にそうなのか?」

今の平和と繁栄は戦争で死んでいった可哀想な兵隊さんたちのおかげなのか?死んでいった兵隊さんたちの恩恵って何かあるのか?犬死ではないのか?


例えばこういう言い方をする人がある。


こういうのは「論理的には犬死に反論ないけど、かわいそうだし失礼だから犬死呼ばわりはやめよう」という、言わば精神論である。右寄りの人は精神論大好きである。佐々木俊尚氏が特別ネトウヨだとは思わないが、そんな氏にしても発言が右に傾けば精神論臭くなる好例といえよう。ここでは精神論で議論はしたくない。上記のような発言は無視していい。


普通に考えれば負け戦で死んだ人はみんな犬死。恩恵などない。勝ってこその感謝である。なぜなら負けた戦争はやらない方がよかった戦争だから。やらない方がよかった戦争で死んだ人は無駄死にである。普通に考えて。


普通に考えればそうなのだが、歴史は複雑であり、一筋縄ではいかない。普通に考えればいいというものではない。ここが難しい。

ここでよく右の人が例に出すのがフィンランド冬戦争である。圧倒的な軍事力差があり、勝ち目のない戦争だったが、粘り強く抵抗したことにより、独立を維持できたというものである。負けた戦争でもやらない方がマシとは言えない例として挙げられる。


また、経済封鎖などで当時日本は戦争に参加する以外の選択肢がなかった、参戦は不可抗力だったという話もそれなりに説得力がある。では、戦争しなかったほうが今よりひどくなってたのだろうか?負けたのに?わからない!


それらのことを考え合わせると「負けたから犬死だ」とは一概に言えなくなる。負けたけどやったほうがよかった戦争なのかもしれない。どうなのか?結論を出すのは不可能だ。歴史は複雑だから「もし○○だったら?」をあまり厳密に突き詰めて何かを断言することは出来ないのだ。バタフライ効果って言葉もあるように。「やらない方がよかった」という断言がしづらくなってきた。「負けたけどやった方がよかったかもしれない」可能性もあるような気もしてくる。じゃあ何も言えないのか?


そんな時は始めたときの国民や偉い人達の気持ちを考えればいいだろう。「負けるかもしれないけど、やらないより、やった方がマシ」「多分負けるだろうけど、他に選択肢はない」そういう認識がアメリカに宣戦する時にあったかどうかだ。そんな悲壮な決意が上層部にあり、国民間にムードとして漂ってたのなら、結果的に負けたとしても、死んでいった兵士たちに感謝、敬意が自然と生まれてくる。そうじゃなくて絶対勝てるつもりだし、勝った上での展望しかもってなかったのなら、死んでいった兵士たちに向ける感情は単なる憐憫、同情以外のものはなくなる。「勝つ気満々だったけど、負けた。でも結果的にはやった方がよかった」などという論法は、説得力ないだろう。真なる可能性がゼロだとは言わないが。


さて、どうだろう。大戦初期に「負けるかもしれないけど、やった方がいい。やるしかない」という強い主張が公民やお偉い方々にあっただろうか?支配していただろうか?ムードとして漂っていただろうか?今のところ俺には逆の情報しかないけど。



俺は本当は下品の味方じゃないのかもしれない。 [文化]

「下品大好き」「下品の味方」と事あるごとに叫び続けて幾十年な俺だが、「本当は下品の味方じゃないんじゃないか?」と不安になる時がある。

「サブカル気取って『下品好き』って言ってるだけで、本当はきらいなんじゃないの?」

一番言われたくない言葉だが、あることを指摘されると反論できなくなる。つらい。

TVタレントの中には下品や下ネタを売りにしている人も多いが、別に下品を売りにしているわけじゃなく、下ネタもそうは言わないけど極めて下品!存在そのものが下品だから別にシモネタとか言わなくても十分下品。下品オーラが爆発!というタイプがいる。


具体的に言えばヒロミである。そして昔の話をすればクワマンである。


別にシモネタとかガンガン言うわけじゃない。だから何で彼らが下品なのかはっきり言って言葉でうまく説明することは難しい。存在そのものが下品だから容姿からやることなすこと全部下品な印象しか与えない、としか言えない。

そんな下品のプロフェッショナル、下品の王様を俺は大好きか?といえば嫌いである。それで「人一倍下品好き」って自認できるのか?自認していいのか?自信を大いに失う。


先の24時間TVでは、千葉の僻地の寂れた駅を一生懸命改装して、地元の子供たちに大喜びされ本人もスタジオの出演者たちも涙を流すシーンがあったという。これが他のタレントなら「ふーん、感動ね(どうでもいいや)」で済ますシーンだが、ヒロミがやったときいて「うわっさぞかし下品なんだろうなー」という印象に一変する。感動が下品に変貌する一瞬。まあ、見てないから想像だけど。


俺はTVをよく観る時期と全く観ない時期が交互に来て、今は見てない時期に相当する。逆に5年〜7年前はよく観てた。このよく観てない時期こそがヒロミがなぜかタレント活動から離れていた時期であり、俺がTVから離れたら復活した。今はすごく出てるようだ(偶然点いてるテレビに遭遇するとよく出てる)。俺って運がいいなー。


「存在自体が下品」という本物の下品に会うと引いてしまう俺。修行がたりないのかなー。それとも心の底では下品を憎んでるのかなー。じゃあ俺の「下品の味方」は欺瞞なのか?


下品なら何でも好きなわけじゃなく、いい下品と悪い下品があるのだ、という言い逃れも一瞬脳裏をかすめる。だが、それは一番言っちゃダメなことのような気がする。某コラムニストが掲げた「悪趣味の良趣味」という言葉のイヤミさに近づくからだ。良下品?そんな選別あってはならない。俺が一番憎む「悪趣味のステイタス化を目論んでる人々」に近づいてしまうのだ。


困ったなー。

嫌いなマンガベスト5 [マンガ]

嫌いなマンガベスト5をあげてみようと思う。

といっても本当に嫌いなマンガは視野に入ってこないように無意識に避けているだろうから情報も入ってこなくなり、その存在が気にならなくなっているかもしれない。嫌いになっていることなっていることすら忘れて、嫌いなマンガとは?と問いかけた時、念頭にすら上がってこなくなってるかもしれない。 だがこれからあげるマンガは、
「何だこのマンガ。嫌いだ。そしてこの気持誰かにいいたい」
と、思いながら時々つい読んでしまうタイプのマンガである。本当は好きかもしれない。

ちなみに全マンガ史、俺の前マンガ読書歴から選ぶと大変な作業になるし、大昔のマンガとか読んでる方も調べないとわからないのばっかり出てきそうなので、現在連載中のものに絞ることにする。 

5位「トクサツガガガ」
 imgres.jpg

別にOLが特撮好きでも別にいいと思うが、なんか主人公のキャラが愛せない。OLが特撮ヲタであることからくる悩みやトラブルや悲喜こもごもを面白おかしく描いてるが、本当は「誰がどんな趣味でも無条件に許されるべき」というおおらかな思考じゃないんじゃないかとも思えてくる。あと、このマンガ、毎回全体になんか説教臭い。 

4位「チェーザレ」
blog_import_4ea8fbf1ab96b.jpg 

モーニング誌も昔よりは女性読者も増えただろうし、少女マンガ出身の青年マンガ描きも増えているところからこういうマンガがおっさん向け青年誌に描かれるのも時代の必然なのだろうか?中世イタリアの政治的な陰謀やら野望やら描いている。そう書くと面白そうだが、主人公はじめ主要登場人物がみんなキラキラしすぎ。俺みたいなオッサン読者には虫唾が走る。女性向け雑誌に連載されていたらここにランクインされることもなかっただろう。
他でやれ。 

3位「鬼灯の冷徹」
imgres-1.jpg

何号かに1回は読んでしまう。実際読むとつまらないということはない。だが、同時に「うわっ苦手」という気分も強烈に沸き立ってくるという困ったマンガ。 

描いてる人は女性っぽいが、オタクだろ?まちがいなく。いや、オタクネタ別にこのマンガにないんだけど、矮小化とでも言えばいいの?地獄とか悪魔とか本来おどろおどろしく描かれるべきものを可愛くライトに時にしょぼく描くことから生まれるギャップのギャグ。その笑いのセンスがどうしようもなくオタク臭い。ゆうきまさみにも通じるかなー。日頃よりリア充よりオタクの味方でありたいと発言している俺であるが、こういうのに接すると思わず
「オタク死ね」
と、叫んでしまいそうになる。読まなければいいんだけどなー。 

2位「かなたかける」
imgres-2.jpg

高橋しんの作品なので絵柄といいストーリーといい反吐が出そう。やだやだやだやだ全てがやだ(だが、毎号読んでしまう)。

1位「コタローは一人暮らし」 
imgres-3.jpg

複雑な家庭環境で普通に見れば「かわいそう」な境遇に置かれた小さな男の子が、そんな素振りも見せず強がっていてそれがまた健気でそれに振り回される大人たちもなんだか愛おしいという趣旨のマンガだが …

全然愛おしくねえよ。

ガキもそれに振り回される大人たちもまとめて皆殺しにしたくなるそんなマンガ。殺人衝動を助長するキケンなマンガである。

そんなわけでいつもは冷静で論理的な分析がウリな俺のコラムであるが(え?ちがう?)、今回に限っては感情ばっかりになっちまった。たまにはいいだろ? 

 


トラックバック(0) 

誰がかわいい?(後編) [Kポップ大好きシリーズ]

 さて、5位はどうしようかとここで迷ってしまう。去年以前だったらF(x)のソルリを挙げたところだが、脱退してしまったのである。精神的な問題らしい。

親しみやすい雰囲気が魅力だったのに残念である。



Apinkのウンジが可愛いという話が数年前とある演劇ライターとのやり取りで出た気もするが、Apinkの楽曲が俺にとってあまり気にいるものでなく、俺のチェックの守備範囲から外れて数年経ってしまった。

今久しぶりに見ても、どうなのか判断つかないや。



5,ということで5位はタヒチのアリさんということにします。



そんな感じで日本のアイドルファンの皆様いかがだったでしょうか?日本のアイドル基準もクリアするk-POPガールが探せば割といるという事実がおわかりいただけたのでは?と、思います。



ちなみにこのブログは「一般的な日本男性の感性でどの子が評価されるべきか」という客観的な基準で書いた。俺個人の趣味とは全く違うので注意。え?俺の趣味はどうかって?

 

 この双子が可愛いと思います。

 え?全然可愛くない?

 うん。K-POP聴きすぎてすでに韓国脳に冒されてるかもしれない。

 


トラックバック(0) 

誰がかわいい?(前編) [Kポップ大好きシリーズ]

 J-POPが大好きだった頃はJ-POP界のブスについて語りhttp://www016.upp.so-net.ne.jp/goki-con/e/j-pop.html、オリンピックがあると出場者のブスについて語るhttp://www016.upp.so-net.ne.jp/goki-con/e/92.html、そんな俺なのでK-POP好きな今はK-POP界のブスについて語ることを期待されてるかも。さぞネタには困らないだろう。この辺境ブログに辿り着いた方はK-POP好きな方よりゴキブリコンビナートに関心のある方の方が多く、K-POPつってもKARAと少女時代ぐらいしか知らない方も多いと思うが、お隣の国のトップアイドルとして彼女たちが日本に紹介されてきた時、「どの娘もこの娘も超かわいい!さすが韓国」なんて思った人は少数で、

「なんか、全体にぼやっと微妙だなー」

って思った人が大半なはず。ただし、韓国のアイドルはシンガー、ダンサーとして日本では比べ物にならないくらい超スキル集団であり、ただ可愛ければいいという一点で勝負してない。ぼやっと微妙なのもしょうがないだろ?かつてのMAXみたいなもんだよ。


 そしてそれ以上に、「『カワイイ』、『美人』は文化の壁を超えられない」ってのがある。「ムトゥ踊るマハラジャ」が日本に紹介されてきた時、みんなは「なんだこの主役、脂ぎった中年と思ったが、ご当地ではあれがイケメンってことになってると聞いて驚いたのだ。日本人が微妙だなーって思っても向こうでは超美人かもしれない。向こうでカワイイとされてる子が日本人から見てもちゃんとカワイイことこそレアケースかもしれない。だが、レアケースとはいえ、日本のアイドルに混ぜ込んでも通用しそうな子は確実に存在する。KARAと少女時代しか知らない皆さんに「みんなあんなんじゃないんだよ」と伝えてあげたい気がしてきた。というわけで、Dr.エクアドルらしいブス探しは今回はやめてちゃんと可愛い子の紹介をしてみたいと思う。



1.ソユル(CRAYON・POP)

  

マンガで美少女が描かれるとしたらこんな顔ってくらい典型的な美少女顔。「可憐」という言葉を的確に具現化したルックスだと思う。

 

2.スミン(SONAMOO)

ソナムーのリーダー、スミンさん。デビュー当時は「むくんだ顔の子だな」と、それほど可愛いという印象なかったが、2015年の曲「CUSHION」の活動では抜群の魅力を放ちだす(痩せた?)。


3.ビニ(OH MY GIRL)

https://youtu.be/NgWm1J4AfBc2015年デビューのOH MY GIRLはデビュー曲「Cupid」で消えるかと心配してたが安定した活動を続けていて何よりである。OH MY GIRLは平安美女風のリードボーカル以外はみんなちゃんと日本基準でもレベルの高いルックスをしている稀有なグループである。



4.IU 

ガールズグループ並び立つ中でここはソロ歌手のIUさんを挙げてみる。 アイドル歌手というより日本だったら若手人気女優にいそうなルックスだと思います。


(後編に続く)




 


タグ:K-POP
トラックバック(0) 

ミスコン和洋対決 [社会]

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52212709.html


この記事面白かったなー。「ナマズ」「ドーナツ」「原爆」のネタがお気に入りです。あ、もちろん「おむつ」も。



昔の海外ってやっぱすごいなーと感心することひとしきり。だが、ちょっと待て。日本だってそこまではぶっ飛んでないけど、地味ーに狂ったミスコンなんかもあるんじゃないか?何しろ寂れゆく地方の村おこし、町おこしにかける執念たるや凄まじく、あまりに強きその情熱が、常識という名の枷を軽く弾き飛ばし、想像を絶するセンスの彼岸へ到達、都会人のヤワな神経を震え上がらせる強烈な味わいをもたらしてくれることもあるのではないか?



しかしながら、ミスコンそのものが今時斜陽イベントである。俺が若いころすでにミスコンにもミスコンで選ばれるタイプの女性にも特に興味が持てず、「アナクロなイベントだよなー。きっと中高年が盛り上がってるだけなんだろーなー」と思っていたが、そんな俺がいい中高年の年齢に達した今、社会の中枢を担う俺より若い世代がミスコンで盛り上がってるとは到底思えない。実際ゆるキャラとご当地アイドルに押されて各地でどんどん先細り的に衰退しているという。



実際どうなんだろう?ということでいろいろ見てみたのです。



●レベル1 まあ考えようによっては普通かもしれない



ひょうたん娘 http://ooi-hyoutanmatsuri.com/?p=719


ミス富士山 http://fujinomiya.gr.jp/miss-fujisan/index.html すごい体格を期待したら普通だった


ミス流氷 http://umi2008.seesaa.net/article/166980835.html


ミスおしまこ http://www.aomoricgu.ac.jp/blog/aomoricgu/topics/article-19016/ 何だろう


ガーリックレディー http://ameblo.jp/ed80s/entry-11995637783.html にんにくってモチーフが可愛くないなー。


馬関娘 http://shijimiii.hatenablog.com/entry/2014/08/26/224045 「バカ~ン」


デコポンレディ http://kumamon-official.jp/tokyo/blog/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%A7%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%A2%E3%83%B3%EF%BC%81 日常的に「デコポン」がそこら辺に転がってる地元では別に違和感ないのだろうと思う。


地鶏娘 http://stylestore.jp/blog/user/S00046/110520156569/ いや、いいけどね、別に。


紅イモ娘 http://gen5ron.ti-da.net/e2358643.html いや、イモっぽい娘は好きだけどね個人的に。





●レベル2 突っ込みたくなる。ついつい何かしらコメントせずに入られない気分にさせる味わいのネーミング




ミス川開き http://kazuyoshiabe.net/archives/350 いや、いいけどね。


看板娘 http://www.shibata-cci.or.jp/zouni.htm これも謎だなー


ミス雛のつるし飾り http://izu-np.co.jp/feature/news/20131211iz1003000117000c.html 長いなー


ミス絞り http://www.shibori-kaikan.com/maitsu.html 短いなー。素っ気なさすぎ。


神戸豚まん娘 http://marutaro.blog.so-net.ne.jp/2014-05-21 豚まん娘に選ばれて嬉しいのだろうか?


女帝卑弥呼 http://www.nara-np.co.jp/20100204103624.html 「こんにちは。女帝卑弥呼です。」って自己紹介されたら驚くなー。




●レベル3 思わず「え?」ってなるレベル。強者カテゴリー。



わかやまポンチ姫 http://ameblo.jp/nisiyama12/image-11374011416-12225804661.html まことに女性らしいスイーツなミスコンなんだけど、応募する時何かが脳裏をよぎって思いとどまったりしないのかなー


紀の川ぷるぷる娘 http://umi2012.blog.so-net.ne.jp/archive/20150405 「こないだミスコンに選ばれたんだー」「へー、すごいねー。なんてミスコン?」って訊かれた時困らないのかなー。


モーモー娘 https://www.youtube.com/watch?v=Jqv_JmONRw4 略して「モー娘」だそうです。


ふで娘 http://cbastyle.exblog.jp/19047629/



ミスシャンシャン馬 http://photohito.com/photo/5001209/ 馬はないよなー


伊勢えびレディー http://ameblo.jp/wimaxgirls/image-10963952133-11371092023.html


神様 http://gazoo.com/my/sites/0001452111/takachiho006/Lists/Posts/Post.aspx?ID=17


くわがた http://manadigi.jp/gotouchi-denshirou



20年前もっとミスコンはなやかりし頃はもっとヘンテコなネーミングいっぱいあったのだろう。ネットで調べたのでそんな昔のを発掘できなかった。


ミス石油化学コンビナート(倉敷)とかミスムツゴロウ(有明湾)とかミス火山灰(桜島)とかあってもいいじゃんねー。


トラックバック(0) 

ローリエvsスゴレン [雑感]

ローリエというスイーツ女子向けサイトがある。



男子が大喜びする「女子の甘え方」という記事


http://www.excite.co.jp/News/laurier/howto/E1456714862206.html


気になるアイツにモーションかけたい女性の皆様、どんな甘え方が効果的なのでしょうか…



(答)肩に頭を乗せてくる



え?好きな女性にこれやられたら確かに嬉しいけど…つきあってもないのにこれやるの?ビックリするんだけど。怖いんだけど。あ、すでに付き合ってる男女の話なのかな?だとしたら、これ、情報価値あるの?つきあってて、肩に頭乗せられて「可愛いなあ、こいつ」と思ったとして、この記事読んでのことだと発覚した時…恐怖しかないんだけど。



どっちにしても怖いんだけど。



答は他にも紹介されている。見てみよう。



(答)「会いたい」



はいはい。確かにその通りですね。好きな子からは「会いたい」って言われたいですね…



なんだこれ。真っ先に思いついてベタすぎて真っ先に除外するような答を乗っけて、なんなんだ?



さぞかし頭空っぽの遊んでます遊びまくりすぎて何もまともなこと考えられなくなりました風のギャルが書いてるのかと思ったら…


http://profile.ameba.jp/hitomishoh/

おっさんが書いてた。



おっさんの他の記事見てみる。



モテればモテるほどなくしがちな4つの”あれ”


http://www.excite.co.jp/News/laurier/howto/E1456223070916.html



こんなタイトル見たらさり気ない中にも深い人間洞察がかいま見える記事で唸らせてくれるんだろうと期待するのが人情ってもんだ。



ところが…



(答)スマホの充電(理由はメールを頻繁にするから)



はたまた



(答)お金(デートを頻繁にするとお金がかかるから)



全ての答が元も子もなく、何のひねりもなく、ど真ん中直球で攻めて来る。浅く、安い。そして参考にならない。



まだ恋に恋してる思春期向けに書いてるのかなー。にしたってねー。「なかよし」や「りぼん」だってもう少し複雑な心理の綾を描いてると思うんだけど。



恋愛指南書ってみんなこんななのかなー?…って思った時、もう一つ別のその手のサイト思い出した。



そう、スゴレンhttp://www.sugoren.comである。昔とあるサイトのニュース欄からついついリンクを踏んでしまってしまってその度後悔してたあのサイト。今はどうなってるのでしょうか?



女の子が「この人、私に気があるな。」と思う瞬間9パターンhttp://www.sugoren.com/report/8/



「気になるあの子、俺のことどう思ってるんだろう?憎からず思ってくれているといいんだけど」


そんな気持ちを抱いて日々を過ごす男性も多いはず。さあ、この記事読んで女の子の無意識レベルで放つ微妙なサインをキャッチしろ!!



(答)やたら褒める



「そうか、やたら褒めてきたら俺に気があるかも知れない、その可能性が高いってサインなんだな。これは見逃しがち。貴重な情報だ。勉強になった」



って…なるかーい!



頼りないのになぜかモテる「母性本能をくすぐる男」の特徴9パターン


http://www.sugoren.com/report/1416574031269/



(答) 栄養が偏っていてガリガリに痩せているなど、生活能力に不安がある



そういう事例も世の中にはあるだろうけど…「ちょっとあの子の母性本能をくすぐる作戦で振り向かせて見ようかな?」と思いを巡らす男子がこれ読んで何かメリットあるのだろうか?



さて、皆様いかがだったでしょう?きっと両サイトは双方をライバル視してるのではないかと察っせられますが、外から見ると幼稚さの競い合いみたいです。



人の数だけ恋愛のパターンはきっとある。あなたの恋愛はあなただけのもので、攻略法もあなた自身が見つけ出すしかない。他人のアドバイスなど期待するだけ無駄ってことですかな?



いや、そんなことはないと思う。その辺の人でも普通にもうちょっと次元の高いアドバイス出来るはず。


今後も両サイトともにそののぶっ壊れ具合を見守っていきたい。



トラックバック(0) 

(よく知らないけど)鳥肌実のこと [文化]

鳥肌実の名前を知ったのは、雑談でもネットでもなく、とある劇団(仮にHJとする)からとあるイベントに呼ばれてそのHJの制作チーム(仮にHTとする)の代表のRさんと打ち合わせしていた時のこと。打ち合わせついでな雑談の中て


「RさんはHJやる前は何かやってたんですか?」


「鳥肌実を」


「へえ(初耳)。で、その鳥肌実って方は何をする方なんですか?芝居?コント?」


「演説です。」


「え?」


「演説です。」


「演説…演説?」


「演説です。」


ということで強烈な印象とともに鳥肌実という名前を刻みつけられる1幕があったわけだ。



その後、鳥肌実の事務所で制作手伝いしてた人がわが劇団のスタッフに加わったり、病気マンが鳥肌イベントの前座で呼ばれたり、ツイッターのプロフィールに「好きなもの:ゴキコン」って書いてくれる人が同時に鳥肌実のファンだったり、オメスの彼女(当時)が強引なナンパを受けあの車に押し込まれそうになったりして、直接の絡みはないけど身近なところで名前を頻繁に聞くようになっていった。



で、最近見つけたまとめ記事


http://togetter.com/li/893185


右翼的なものをネタで、パロディとしてやってるのかと思ったら、ガチだった。がっかりした。ゆえにシールズ的なものに冷笑的な立場を取る今までのサブカル的なノリは死んだ。これからはポップ文化も意識高くなきゃダメという論旨はまあむちゃくちゃでマジメに読む価値などないんだけど…



ネタかガチなのか?パロディなのか真剣なのか分からない一線をキープするってのは俺もやってること(右翼ネタじゃないけど)なので、その一線を守るのによりシビアなバランス感覚が求められる時代になって来ているのはひしひしと感じているので、その点だけにおいて興味深い。



イベント用短編作品で、シャム3兄弟のコントがあり、人生の苛酷さ、境遇の辛さを吐露した後、「これも政治が悪いんだ!」と、ものすごいテンションで政治の悪口は吐きまくるという展開があり、「あー、不幸な境遇をすぐ政治のせいにする人っているよねー」というのを踏まえたギャグであり、「小渕(当時)死ねー」とか叫ぶと「あー、くだらねー」という笑いが起こったものだが、今この作品を再演するとして、「安倍死ねー」と叫べばギャグになるか?というと、ならない。あの時は「おぶち死ねー」って言葉聞いただけで「何言ってんだこいつは?バカか?」って空気になったのだが、今はならない。ネタとガチのバランスの感覚が以前と変わってきてるのである。



まあ変わったら変わったで別なバランスで勝負するだけだが。我々は、ね。



で、鳥肌氏はそのバランスの取り方に失敗したのか?彼の演説作品とやらを一度も見たことないので、それについては何も言えない。


トラックバック(0) 

韓流アイドル怖い顔ベスト3 [Kポップ大好きシリーズ]


大ヒットした4MINUTEの「crazy」であるが、とにかくみんな怖いよね−、顔が。これが韓国ではトップアイドルだというのだから驚きである。日本ではありえないよね−。

「もともとそういう顔だからしょうがないじゃん」ということではないらしい。4MINUTEのメインボーカルの1人、ヒョナのメイク映像を見つけた。
最初スッピンに近いナチュラルメイクで出てくるが、もとは愛嬌ある童顔な顔してる。日本だったらそのまま歌えばいいじゃんとなるはずなのだが、あえて怖い顔、強そうな顔に変身しているのだ。韓国と日本の美の基準、モテの尺度の差を思い知らされる。可愛くなくしてどうすんの?と言いたくなるが、価値観が違うのだからしょうがない。どうやら「可憐」では人気でないらしい。怖い顔のほうがモテるなんて・・・

そんなわけで、MVや歌番組上では怖い顔でも本当はそれほどでもない女性もアイドル界には多いことがわかった。でも、本当に元から怖い顔だろうって子もいる。そんなわけで、韓国アイドル界に横溢する怖い顔の中でも特別怖い顔のベストをセレクトしてみた。

●3位 ファサ(MAMAMOO)
なんと95年生まれでMAMAMOOでは一番若い。そんな年齢が信じられないような貫禄である。そして目の死に具合が相当な迫力だ。見つめられたら血が凍ってしまうことだろう。

●2位 LE (EXID)

大ヒットしたEXIDの「AH YEAH」
謎のモザイクが話題となったMVであるが、
ハニちゃんとかがやさしく男性に語りかけるシーンの後でラップのパートとなると、突如画面は切り替わり、男性の前にはLE。男性のネクタイをグリグリ引っ張り、怯えさせる。LEの怖さを活かした素晴らしい構成のMVである。

目つきが鋭く、MV終盤のみんなが屈託ない笑顔を見せるシーンでも1人LEだけは笑うことがない。笑顔が似合わないのである。

●1位 CL (2ne1)
韓国アイドル界を代表する怖い顔としてもはや世界的に有名なCLちゃんである。声も冷め切った乾いた声で機械で作られたもののようであり、人間味がない。

そんなわけで、知ってる範囲でまとめてみたがいかがでしたでしょうか?さらなる怖い顔を求めて今後も韓国アイドル界を探索していこうと思います。とりあえずガールズグループの怖い人枠でざっとさらったが、ソロの人も怖い顔の方々が結構いるようです。

*番外編 ひとりひとりはそれほど大した怖さのレベルじゃないんだけど、やさしそうな顔の子が1人もいないので、グループ全体としての顔の怖さレベルがピカイチと思われる9MUSESを上げたいと思います。

トラックバック(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。