So-net無料ブログ作成

やっぱり一匹狼 [雑感]

 小劇場界においては一匹狼をきどった言動が多い俺だが、「一匹狼」は基本かっこいいので、「本当はそれ程でもないのに、かっこつけたいがために誇張して言ってるんじゃない?」と、人に言われそうだし、自分でもふとそういう疑念はわかないでもない。まあ例外的に交流のある演劇団体も2つぐらいはあるし、「一匹狼」が正確な表現じゃないのは分かってるよ。

 だが、基本自分とこ以外の小劇場は基本的に嫌いだな。敵だよ。敵。

 昔、新感線ってとこの某役者に偶然会うことがあり、向こうが何故か我々のことを知っており「あなたがゴキブリコンビナートですか。一度見たいと思ってるんですよ」とまで言われたが、「僕も新感線一度観たいと思ってるんですよ」とは返せなかった。こういうのは、社交的あいさつというものであり、嘘で塗り固めた言葉の応酬が常識なので、そう返すべきだったのだが、ダメだった。だって別に観たくないもん。こんな性格だから制作弱いんだろうな。
 「だって観たくないもん」って書いたが、実はそれに対しても疑念が芽生えることがあった。単に食わず嫌いなんじゃないか?実際観たら面白いんじゃないか?一匹狼を気取りたいからそう自分に暗示をかけているだけではないか?
 未だ見たことない新感線に対するイメージは、「観た後何も残らなくていいから、とにかく派手にやる。照明も視覚的な仕掛けもこけおどしでいいからとにかく豪華に」ってな感じだった。はっきり言ってそのコンセプトには全面賛成である。演劇のアトラクション化を目指す俺に反対する理由はない。だとしたら、やっぱり食わず嫌いで、実際観たら面白いのではないか?
 だが...

 久しぶりにバルト9行ったら、例によって「ゲキ×シネ」とかいうやつを大々的に広告していて、予告編を観ることになった。新感線のお芝居のダイジェスト的なものがスクリーンに流れた。

 やっぱり嫌いだよ、俺、コレ。

 セリフのトーンとか、ギャグの作る空気とか、全部イヤ。不快。気持ち悪い。ミュージカル的な演出もちりばめられているんだが、何故ミュージカルをやるかの理由が俺と全く違うのが明確に伝わってくる。どうイヤなのか論理的にここで説明することは出来ない。生理的な部分もあるから。人間の種類が違うとしか答えられない。
 やつらもゴキブリコンビナートに気持ち悪いなんて言われたくないだろう。「気持ち悪いのはお前だ」と返したくなるだろうが、それで結構だと思った。そういう関係性なのだ、人間の種類として。
 だが、思うのは別に新感線だけが、特別気持ち悪いわけじゃない。新感線に罪はないのだ。小劇場というのはそういう場なのだ。ああいうのが気持ち悪いという俺の気持ちを分かってくれる人間はこの小劇場界にはほとんどいないだろう。だが、俺は思う。世間一般の感覚として俺の抱いた気持ちは決してマイナーではない。あれを気持ち悪いという人は小劇場の外にはいっぱいいるはずである。
 ちなみに「なんでもいいから派手にやれ」コンセプトといえば、他に劇団四季とかが思い浮かぶが、四季の芝居は別に気持ち悪くなかった。TVドラマやアニメ、映画等で行われるお芝居的な事象全てが気持ち悪いわけではない。小劇場とその界隈に蔓延するある種のセンスに拒絶反応があるようだ。どこからどこがダメなのか?何は許せるのか?今後も検証していきたい。
 とにかく、「よく知らないから明言できないけどどっちかっていうと嫌いかな?」という印象だった新感線が「明確に嫌い」になった。それと、「食わず嫌いでたいした根拠もないのでは?」という疑念が多少軽減され、「やっぱり一匹狼でいいや」との決意を新たに固める俺なのであった。

トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

オリンピックが楽しみだ [雑感]

 「え?今年オリンピックなの?」
 次回夏期オリンピックまであと○年、W杯までまであと○年とかしょっちゅう指折り数えるほどスポーツ好きではないので、大体ひとに言われて気づく。ほう、今年なのかと。
 冬期で楽しみなのは、いろいろお騒がせ選手が現れること。前回は「反省してま〜す」「チッ、うるせえな」の国母さんだっけ?その前は今井さん。今井成田兄妹。
 今井さんは、複雑な家庭環境、ラップ、整形、兄妹そろってキラキラネーム、あっという間の離婚、風俗勤務、ヌード発表等、出てくる話題がいちいちDQNとして完璧!!今でもその動向から目が離せない。
 さあ、今年はどんなキャラが登場するのか、今から楽しみだ。スポーツニュースをしっかりチェックしておこう。ちなみに競技は見ない。
 夏期オリンピックではあまりその手のニュースは出ない。何故なら基本的にスポーツってのは中高の部活あたりを競技人口のメイン層としていて、そこから勝ち上がってきた優秀な選手が晴れの舞台で活躍する。そこでは鬼コーチ、鬼先輩による封建的、軍事教練的なしごき、スパルタ指導が行われ、精神主義、根性論が人格形成の根幹までしみついたキャラクターとして成長する。
 実は企業もそういうキャラが欲しいので、採用ではスポーツマンタイプが優先的に採られる。就活入門みたいな本を読むと「スポーツに縁のない学生生活を送っていても、『何かスポーツやってましたか?』と訊かれたら、強引にでもやってたことにして答えよう。」って書いてある。「体育会系」は単にスポーツ界だけの話ではなく、日本の社会、経済の成り立ちの根本によこたわる何か重要なものなのだ。
 まあ、それは余談として、夏期オリンピックに出てくる選手は、高校球児と同様、日本スポーツ教育の精神論で徹底的に洗脳された人たちなので、基本ひたむき、疑うことを知らない一本気な性格の人間が多いはず。少なくとも表向きはさわやかで純真、それを演じることに長けた人たちであろう。中身はただのチンピラみたいなやんちゃ坊主も多いかも知れないが、それを表に出さない術を熟知している。
 ところが、ウィンタースポーツはちょっと違うノリを感じる。単にレジャーっぽいというのではなく、いや、その面も重要なのだが、例えばスノボとかは、グラフィティ(落書き)とかと同列のあの手の文化の一翼を形成している。ラップのスキルを上達させるのと同じノリで打ち込むので、ファッションの一部あるいはファッションと同等に打ち込むべきもの。腰パンだからまじめじゃないなんて非難するのはお門違いだ。彼らは真面目に自分が属する文化のスタイルを貫いている。あれが彼らのTPOなのだ。そのTPOとは「悪そなやつは大体友達」というTPOである。
 夏期オリンピックや高校野球と同種の「部活のTPO」で評価してはいけない。チャラいやつがスノボに打ち込んだとして、打ち込みすぎてチャラくなくなったら、彼らの文化的文脈のなかでは「負け」である。それは国民の期待なんかよりずっと重要なことだ、彼らのライフスタイルにおいて。
 そんなわけで、冬季オリンピックにおいては代表選手が、「え?」って言うような言動を次々に起こす。彼らにとっては普通のことでも、我々はビックリする。それはもともと棲み分けされている異文化が接触する貴重な機会であり、その違和感を楽しむべきなのだ。さあ、今年はどんな印象深いエピソードを提供してくれるだろう。大変楽しみだ。

トラックバック(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。