So-net無料ブログ作成
活動記録 ブログトップ

初ヘブンスドア [活動記録]

「そんなに公演場所に困ってるんならヘブンスドアがオススメだよ」

と、言われてそのライブハウスの名前を知った。俺にヘブンスドアの名前を教えたのは元ニュースステーションのお天気お姉さんの乾貴美子氏。
 そう、都内各所の小劇場で出入り禁止になり、我々はいつも公演場所に困っていた。もちろん今も困っている。

「あそこ何やってもOKだよ。私が行った時なんか割れたビール瓶が飛び交っていた」

お天気お姉さんが観に行く割れたビール瓶が飛び交うライブがどんなバンドのものか走らないが、何日もかけて劇場を根本から作り変える我々の作風でライブハウスでの本公演はキツいかなー、と思った。でもライブハウスでの活動もその頃始まりつつあり、そんなライブハウスならいつかはイベント等で行くことになるかもしれないと思い…

…思いつつ…



それから10年ぐらい経った。

そして先日、ついにヘブンスドアでやる機会が訪れた。我々を呼んでくれたのは経血マドンナというバンド。ゴキブリコンビナートがプロデュースするアイドルグループBBG48としての出演。

足を踏み入れると、さすがハードコアの聖地と言われるだけのことはある。店員がディスチャージのTシャツを着ている。そしてどこか素っ気ない。ちょっと怖い。

我々ゴキブリコンビナートも演劇界のハードコアとかグラインドコアとか言われ、客を危険に巻き込むことで恐れられているが、本物のバンドのハードコアは怖さの次元が違う。80年台のハードコア全盛期に3大ハードコアと言われるバンドがあり、あるバンドは演奏中興奮がマックスに達すると、フロアに降りて誰かれ構わず客を殴り始め、さらにエスカレートして路上に飛び出し、通行人を殴っていたという。また、あるバンドはとあるイベントでリアルに接したことがあるが、とてもカタギとは思えない強面のオッサンが怒号と罵声で場を仕切っていて、我々も見に覚えのない理不尽なことで突然怒られ、ものすごく怖かった。我々も何するかわからない怖い人達として知られているかもしれないが、無関係な通行人をボコったりはしない。レベルが違うのである。

そんな世界にどっぷりつかってるライブハウスの人たちが他のライブハウスみたいにニコニコしながら「ようこそおいでくださいました」みたいな態度をとるわけない。

80年代、ノイズやジャンクやボディのレコードを買いあさっていた頃、そういうのの輸入盤を専門的に扱うお店に足繁く通ったが、そういうところの店員は、まず俺がバイト帰りの作業着のままでいったりするので、店に入ると「何だコイツは」みたいな目でギロリと見るのだった。

じゃー仕事帰りじゃない日にカジュアルな格好で行けば感じよく接してくれるかというと、確かにギロリとにらまれることはないけど、やはり素っ気ない。ロックなお店のTPOを満たすロックな服など一枚も持ってないからかなーと思ったが、そもそもそういうことではなく、だいたいそういう店は小規模経営で、好きでやってる人たちが集まってるお店であり、接客マニュアルなどなく、好きなレコードに囲まれて毎日を過ごしたい人がレジに立ってるようなお店なのである。よく特定のお客とは仲良く談笑してるのを見かけたが、特別好きになった客以外はどうでもいいのである。

やがて、そういう店は軒並みつぶれ、それまでインディーズ洋楽など一切置かなくて「ボンジョビとか聴く人が行く店」だと思っていたタワレコみたいな大手の店もちゃんとマイナーなものをカバーするような時代になり、ビクビクしながらレジに向かうような経験も減っていった。そういう店はちゃんと接客教育されたバイトたちが、礼儀正しく対応するので気が楽になったが、世の中の温度差が減っていくようで寂しい気持ちもある。

ちょっと違う話をしはじめたようであるが、ヘブンズドアのスタッフと接してなんとなくあの頃のことを思い出したのである。ライブハウスの人が感じいい方がこちらとしては快適だが、どこのライブハウスも同じになってはつまらない。怖いミュージシャンの集うハコは店員も怖い、そんな世の中の温度差は残して行きたいとも思ったのである。

ちなみに経血マドンナの人たちはすごく感じ良かったです。



トラックバック(0) 

音痴に関する恐るべき事実 [活動記録]

 ミュージカル劇団だし、ライブっぽいこともやるので、稽古場では歌を作ってきて「こう歌うんだよ」と指導するということをしょっちゅう行ってるわけだが、当然すぐ習得する人となかなか身につかない人と差が出る。
 下手な人のレベルはこういっちゃあなんだが、毎回ビックリする。例えば「やまだ」という歌詞があって、全部音が「ラ・ラ・ラ」だとする。何かの理由で間違って伝わって、「ラ・ラ・ド」と最後の音を上げて歌ってしまっているメンバーがいる。「や」と「ま」はちゃんと歌えているので、当然、「『だ』は前の音と同じ音だよ」と教える。ところがある者はもうここで脱落する。「歌詞が違うのに同じ高さの音を出す」というハードルを越えられないのだ。
 あるいは、欲しい音と違う高さの音で歌ってくるので「もうちょっと上げて」とか「下げて」とか言う。これが「短3度あげて」とかだったらやはりそれなりに訓練された人じゃないと対応できないだろう。だが、それ以前の段階で「上げて」「下げて」でつまづく。言われてもきょとんとしている。「今出した音より、ちょっとかいっぱいか分からないけど、とりあえず高い音」という概念がそもそもないようだ。音程変えずに声色だけ変わったりして時に面白い。
 そういう方はだいたい和音の概念がないので、伴奏のコードにない音を平気で出してくる。伴奏は三和音なのに主音の半音下の音とか出してきて、聞いてるとぞわぞわしてくる。歌ってて気持ち悪くないのかと、思うが和音の概念がないと平気みたい。伴奏が3和音出してるとき、主音の半音下の音で歌うとメジャーセブンスになり、単純に3和音後ろでなってるときにメジャーセブンスかぶせるという、逆にある意味レベルが高くないと出来ないことを平気でやってのけるのである。
 で、まああれこれ苦労してなんとか時々外しながらも歌えるようになったとする。で、「キーがちょっと苦しそうだな」と思ったりして、翌日にはキーをちょっと上げたり下げたりした伴奏を作ってくる。そうすると、すごいことが起こる。なかなか歌えなかった人に限って新たに作ったキーとかお構いなしに前の音程のままで前と同様にちょっと外したりしながら歌うのである!
 俺は逆に絶対音感とかなくて、キーとか変えられても気づかずそのキーで歌ってしまうので、驚いてしまう。伴奏との関係である高さの声を出すのでなく、絶対的な音の高さで歌を覚えようとしてるなら、そりゃー歌を覚えるのも大変だろうなと思う。立ち向かってるレベルが高すぎるよ!
 コードの感覚は訓練次第で身につく。小学校の頃「ドミソ、ドファラ、シレソ」をピアノで先生がならして、どの和音か当てるっていうのをやって俺は平均以下だったが、今そんなのやってもきっと外すことはない(複雑な和音だと自信ないけど)。メンバーの皆さんがんばって下さい。
 なんて俺らしくもない前向きな励まし書いちゃったけど、絶対音感ってのは神から選ばれたエリートだけに備わった希有の能力だと思ってたし、世間でも絶対音感なんて聞くとなかなか手に入らない強力な武器ってことになってるが、そうではなく、音痴、歌のうまい人関係なくある程度備わってたり、備わってなかったりしていることが分かったのである。
 まあ俺なんかが作るレベルの曲は絶対音感とか逆にじゃまなので、いったん忘れて(無理か?)コードの感覚を身につけて下さい。むしろ。


トラックバック(0) 

死ね。直ちに死ね。 [活動記録]

 2000年代初頭だから10年以上前「ちょっぴりスパイシー」というお芝居を作ったとき、「絶対安全席」というのを考案した。俺たちの芝居は客からの至近距離で演者が「キケン・キタナイ」にまみれまくるので、余波が客にも届いてしまう。被害を受けてしまう。それを込みで臨場感を体験したい客と、物見遊山気分で高みの見物したい客とにに別れるのではないか?と思い、物見遊山気分の客は「キケン・キタナイ」を共有する客よりややブルジョアよりだろうと、お値段の方も上げてそういう席を設定した。もちろん、「それほど安全じゃねーじゃねえか!」というオチもちゃんと用意して。
 高野文子に「絶対安全剃刀」というマンガがあり、それをもじった。そのマンガは読んだことない。マンガに詳しい人たちの間では有名なマンガである。
 「安全席」くらいなら誰でも思いつきそうだが、上記の思考過程を踏んで「絶対」とつけているので、他の劇団・ダンスカンパニーが「絶対安全席」という名称を使った場合、偶然と言うことはあり得ない。みんなが思いつくことかも知れない。だったら俺らより前に使ってる劇団等あるはず。だが、それは確認できない。すなわち、俺ら以外で「絶対安全席」という名称を使用する劇団、及びダンスカンパニーは

1 パクリ
2 無意識のパクリ

のどちらかだ。2の無意識のパクリとは、思いついたつもりが何となく覚えていたことを思い出したに過ぎないことがあるということだ。作曲なんかしてるとよく起こる。「いいメロディ思いついた」と、思っても「あ、これ子供の頃に聴いたヒット曲のワンフレーズだった」と、後で気づくなんてことはよくある。アイディアなんてどこから降ってくるか分からないので当人には思いついたのか、記憶の片隅から想起されたのか区別つかないのはしょうがない。じゃあ罪がないかと言えばそうではない。作り手には何か思いついたとき、先に誰か既にやってないか検証する義務がある。また、「絶対安全席」なんて検索すればすぐに俺の劇団名とか出てくるので、関係者の誰かが気づくはず。「オリジナルじゃないからやめた方がいいよ」と、忠告する人間はいなかったのか?

とにかく、以上の考察により、

パクリにせよ、無意識のパクリにせよ。「絶対安全席」という言葉を使う行為は俺に対する挑発、喧嘩を売っていると解釈されてもしょうがない

 ホラー劇団と男肉 du soleil オマエだよオマエ

 俺はこういうことされるのが一番腹が立つので、お前らを文字通りもしくはお望み通りホラー・スプラッターなオブジェと化してあげたい。ミンチドソレイユにしてやりたいところだが、日本には刑法というものがあるので、何もやりません。やりません。やりません。(←これで脅迫で通報されることはなくなった)

ただ、ここに気持ちを吐露するのみ。

死ね。直ちに死ね。


トラックバック(0) 

ライブ「夕張劣情フェスティバル [活動記録]

9月20日は高円寺20000ボルトにてライブ。ご来場ありがとうございました。内容は例によってミュージカル作品。タイトルは「夕張劣情フェスティバル」

2v2.jpg平和な夫婦生活に持ち上がる疑惑。何故妻は夜の相手をしてくれないのか?










2v4.jpg夜な夜な妻が向かう先にはワイルド極まりない炭坑夫達が。











2v5.jpg炭坑夫達が挙って繰り出すコロンビア人娼婦街












2v7.jpgコロンビア娼婦達が執心の地元不良生徒達












2v9.jpgその他いろいろ出てきて一大乱闘。また乱闘(おしくらまんじゅうではありません)。











2v12.jpgそしてみんな死んじゃった。

トラックバック(0) 

みたままつり続き [活動記録]

IMGP2027.JPG
元看板女優の二人。右のセロトニンは小雪太夫として見世物界のアイドル(?)に・・・

IMGP2031.JPG
現看板女優(らしい)。

IMGP2108.JPG
また串刺してみた

IMGP2110.JPG
金粉塗ってみた

IMGP2166.JPG
串刺したら電車乗れないので、小屋で宿泊。寝返りうてない。
トラックバック(0) 

みたままつり [活動記録]

靖国神社みたままつりにて見世物小屋を開催。多数の方にご来場いただき誠にありがとうございます。

IMGP1998.JPG
昼の靖国神社

IMGP2038.JPG
樺太からやってきた野人のコーナー

IMGP2048.JPG
亡命してきたウイグル難民のコーナー

IMGP2057.JPG
猫インフルエンザ患者。

IMGP2079.JPG
特別ゲスト。世界一小さな手品師。


トラックバック(0) 
活動記録 ブログトップ
メッセージを送る