So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
マンガ ブログトップ

嫌いなマンガベスト5 [マンガ]

嫌いなマンガベスト5をあげてみようと思う。

といっても本当に嫌いなマンガは視野に入ってこないように無意識に避けているだろうから情報も入ってこなくなり、その存在が気にならなくなっているかもしれない。嫌いになっていることなっていることすら忘れて、嫌いなマンガとは?と問いかけた時、念頭にすら上がってこなくなってるかもしれない。 だがこれからあげるマンガは、
「何だこのマンガ。嫌いだ。そしてこの気持誰かにいいたい」
と、思いながら時々つい読んでしまうタイプのマンガである。本当は好きかもしれない。

ちなみに全マンガ史、俺の前マンガ読書歴から選ぶと大変な作業になるし、大昔のマンガとか読んでる方も調べないとわからないのばっかり出てきそうなので、現在連載中のものに絞ることにする。 

5位「トクサツガガガ」
 imgres.jpg

別にOLが特撮好きでも別にいいと思うが、なんか主人公のキャラが愛せない。OLが特撮ヲタであることからくる悩みやトラブルや悲喜こもごもを面白おかしく描いてるが、本当は「誰がどんな趣味でも無条件に許されるべき」というおおらかな思考じゃないんじゃないかとも思えてくる。あと、このマンガ、毎回全体になんか説教臭い。 

4位「チェーザレ」
blog_import_4ea8fbf1ab96b.jpg 

モーニング誌も昔よりは女性読者も増えただろうし、少女マンガ出身の青年マンガ描きも増えているところからこういうマンガがおっさん向け青年誌に描かれるのも時代の必然なのだろうか?中世イタリアの政治的な陰謀やら野望やら描いている。そう書くと面白そうだが、主人公はじめ主要登場人物がみんなキラキラしすぎ。俺みたいなオッサン読者には虫唾が走る。女性向け雑誌に連載されていたらここにランクインされることもなかっただろう。
他でやれ。 

3位「鬼灯の冷徹」
imgres-1.jpg

何号かに1回は読んでしまう。実際読むとつまらないということはない。だが、同時に「うわっ苦手」という気分も強烈に沸き立ってくるという困ったマンガ。 

描いてる人は女性っぽいが、オタクだろ?まちがいなく。いや、オタクネタ別にこのマンガにないんだけど、矮小化とでも言えばいいの?地獄とか悪魔とか本来おどろおどろしく描かれるべきものを可愛くライトに時にしょぼく描くことから生まれるギャップのギャグ。その笑いのセンスがどうしようもなくオタク臭い。ゆうきまさみにも通じるかなー。日頃よりリア充よりオタクの味方でありたいと発言している俺であるが、こういうのに接すると思わず
「オタク死ね」
と、叫んでしまいそうになる。読まなければいいんだけどなー。 

2位「かなたかける」
imgres-2.jpg

高橋しんの作品なので絵柄といいストーリーといい反吐が出そう。やだやだやだやだ全てがやだ(だが、毎号読んでしまう)。

1位「コタローは一人暮らし」 
imgres-3.jpg

複雑な家庭環境で普通に見れば「かわいそう」な境遇に置かれた小さな男の子が、そんな素振りも見せず強がっていてそれがまた健気でそれに振り回される大人たちもなんだか愛おしいという趣旨のマンガだが …

全然愛おしくねえよ。

ガキもそれに振り回される大人たちもまとめて皆殺しにしたくなるそんなマンガ。殺人衝動を助長するキケンなマンガである。

そんなわけでいつもは冷静で論理的な分析がウリな俺のコラムであるが(え?ちがう?)、今回に限っては感情ばっかりになっちまった。たまにはいいだろ? 

 


トラックバック(0) 

あえて嫌いなマンガをほめてみる [マンガ]

さて、あえてファンでもないマンガをほめてみよう。別にたいして好きでもないのに、興味深く、感心するマンガがある。
とめはねっ! 6 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ! 6 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/01/07
  • メディア: コミック
ビッグコミックスピリッツ連載「とめはねっ!鈴里高校書道部」だ。スピリッツとヤンサンが合体したときヤンサンから引っ越してきた連載だな。

このマンガがどういうマンガかというと、まあスピリッツとかさ少年サンデーとかによくある、特に少年サンデーの誌風を特徴づける「ラブコメめいたスポ根ぽいもの」に属するな。いや、サンデーの場合は「スポ根」から「根」が抜けるのだけど。書道がテーマだから「スポーツ」じゃないだろ?って?じゃあどう言えばいいのかな?何かに打ち込んでて、競ってて、主人公の成長を描いてて、ライバルとかいて・・・だからとりあえずそれでいいだろ?

で、作者の河合克敏ってのは一貫して今述べた「サンデー風スポ根(「根」抜き)マンガ」の典型を描き続けて来た漫画家。まず、初の連載『帯ギュ』

帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)

帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 文庫
柔道マンガなのに汗臭くなく、男臭くなく、むさ苦しくなく、ラブコメ要素満載の画期的柔道マンガとして評判になった。

ジャンプはじめ他の少年誌のスポーツマンガが過酷なトレーニングや超人的なプレイ、男臭い人間関係などでストーリーを盛り上げる中、サンデーだけはこうした悪いいい方をすれば軟弱なスポーツマンガを打ち出して人気を集めた。これはあだち充が開拓した分野なんだろうな。河合克敏はその路線のど真ん中に位置する作家だ。

モンキーターン (1) (少年サンデーコミックス)

モンキーターン (1) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: コミック
『モンキーターン』
これは、競艇というワイルドかつダーティーなオヤジが集結する現場をオシャレでさわやかに描いた競艇ラブコメマンガ。そんな感じで河合は小学館少年マンガの特徴—軟弱さわやかスポーツ路線を最も具現する作家の1人として活躍してきたわけだが、最新作「とめはねっ!!」においてその路線のあるファクターを極限化し、今までにない味わいの画期的な路線を打ち出した。それは何か?

イケメンじゃない主人公のフィーチャーである。

今までのスポーツマンガの場合、男臭くないとはいえ、主人公は読者が憧れるかっこいいキャラクターでなくてはならないので、それなりに「男らしく」描かれてきた。普段は女のケツを追いかけてドキドキしたり、モジモジしたりしてても、心の芯の部分には強い意志や男気を持ち、決めるときは決めるみたいな。そういう部分が「とめはねっ!」主人公大江縁にはまったくない。意志は薄弱で影が薄く、女ばかりの部活でいじられキャラを全うし、意中の娘の前ではひたすらモジモジ、ニヤニヤ。絵柄もまぶた半開きで全然かっこよくなく、とにかくダサい。はっきりいって気持ち悪い!軟弱路線の極致である。こうもかっこよくなくていいのだろうか?

だが、コレって何だろう?って考えると、今まで描かれてきた「さわやかスポーツもの」の読者の典型像って気がする。あだち充とか河合とかのマンガで描かれるかっこいい主人公の活躍をニヤニヤしながら読んでる読者を思い浮かべると大江縁のキャラクターが脳裏に浮かび上がって来るではないか!!他少年誌のヤンキー、超人、うざいくらいな積極性キャラの持ち主が渦巻くアツい世界を敬遠してサンデーなんかに群がってくる羊のようにおとなしく牙を抜かれた思春期青少年の本当の顔。それを描いてしまったのだ。いいのだろうか?こんなにも等身大でいいのだろうか?

完全なリアリズムは嫌悪を生む。本物のリアルより少しランク上を描いてちょっと憧れの要素を入れた方が読者には受ける。これはマンガに限らずあらゆる表現、エンターテイメントで通用する鉄則である。誰も等身大のさえない現実とは向き合いたくない。騙して欲しいと願っているのだ。

その常識を完全にぶちやぶった「さえない主人公」。だが、それなりに人気があるようだ。すごいことだと思う。漫画界の歴史的偉業をなしとげたといっていいだろう。

といっても俺個人は好き・嫌いで言ったら嫌いだけどね。俺サンデー路線の支持者じゃないしもともと。でも感心するのは事実。つい毎回読んでしまう。

まだ観てないが、ドラマ化したの今テレビで放映中で、やはりドラマの鉄則「主人公にはジャニーズ他イケメンを使うべし」を完全無視したもっさりした若者を主人公に据えて展開してるようだ。すげー!

トラックバック(0) 
マンガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。